主婦の再就職について

 少子化問題が叫ばれて、久しいですが、なかなか具体的な対策が打ち出されず、少子化にも歯止めがかからないのが、現実問題として存在します。今後、ますます少子高齢化が進んでいく中で、各家庭に存在している「女性の労働力」に注目されています。過去には、働いていたが、子育てや結婚により、家庭に入っている主婦たちも、機会があれば、是非社会に出て働きたいと考えている人が多くいます。主婦が希望する仕事に関する条件として、@前職のキャリアが生かせる仕事がしたいA自分の成長が感じられる仕事に就きたい この二つの理由が上位を占めます。仕事をすることで、家計を助けるよりも、自分の生きがいを求める人が多いようです。
 しかし、主婦が再就職するためには、「年齢」「スキル」「家庭と両立」「子育て」などの大きな壁が立ちはだかっていますので、正社員として主婦を雇うには、現実はなかなか難しいようです。企業側としても、主婦の労働力を有効に活用できていません。
 必ずしも、正社員を望まなくても、働き方には、さまざまな種類がありますので、パートタイム労働や派遣社員、契約社員などを考えてみるのもいいかもしれません。