資格への挑戦

 中高年が再就職を考えた際、武器になるものとして、「資格」を持つことも考えられる方法になります。「資格」を持つことにより、独立を考えたり、会社での地位のアップを考える人もいるでしょう。しかし、一生懸命勉強し、「資格」を取得したけれども、何の役にもたたないようでは、努力も水の泡となってしまいます。そのためにも「価値のある資格」を取得することが大切なのです。
 では、「価値のある資格」とはどのようなものなるでしょうか。今まで、経験してきた実務に関連した資格を取ることが良いと思われます。たとえば、会社で経理を担当している人が、社会保険労務士の資格を取ったとしても、まったく実務経験がなければ、その資格を会社でいかすことは出来ません。資格は、何年かの実務経験を通していきてくるものが多いのです。
 ただ、「価値のある資格」は、企業からのニーズも高くなりますが、相当難しい資格にもなります。難しい資格を取得するためには、相当のエネルギーとともに、忍耐力も必要です。ただし、あまりにも日数のかかるものですと、忍耐力も途切れてしまいます。何年も要するような資格は避けたほうが良いでしょう。