再就職手当について

 失業給付期間中に、再就職先が決定すると、給付は、再就職する前日で打ち切られることになっています。しかし、再就職が決まった時期や、条件によっては、再就職手当てがもらえる場合があります。
 再就職手当てがもらえる条件は、次のようになっています。
・残りの給付日程が所定の給付にすうの3分の1以上、かつ45日以上
・再就職先で1年以上の雇用が確実
・再就職先で雇用保険に加入する
・離職前の会社や関連会社への再就職ではない
・過去3年間再就職手当てや常用就職支度金を受けていない
このような条件があります。再就職手当の額は、「残りの所定給付にすうの3分の1のに数に、基本手当て日額を掛けた額」となっています。手当てを受けるためにも、失業給付期間中でも、どんどん再就職活動を行っていきましょう。そして、再就職先が決定したら、早めにハローワークへ行き、自分が支給対象者であるかどうか確認することが大切です。申請をしなければ、このような手当てはもらうことが出来ません。また、申請できる期間も再就職した日から1ヶ月以内と限られていますので、注意が必要です。