会社都合の退職での辞表

 退職するには、「会社の都合による退職」と「自分の都合による退職」の2つがあります。会社から、営業不振などを理由に、リストラを勧告されると、「会社の都合による退職」となります。
 リストラは、上司から言い渡されることになりますが、たとえ、その時点で自分も退職したいと思っていたとしても、「辞めたいと思っていました」などと、決して口走ってはいけません。辞めたい意思があったとしても、簡単に納得し、辞表を書いてしまっては、いけません。これを気に辞めようと思っていても、できるだけ特をするような辞め方を考える必要があります。会社側が、退職するに当たって、「退職願」を欠いて欲しいといってきても、簡単に応じてしまっては、損をすることになりまねません。
 「退職願」では、退職理由として、「一身上の都合」と書くことが一般的です。この「一身上の都合」ですと、自分の都合により退職すると受け止められてしまいます。「辞めさせられる」ことと、「辞める」は大きな違いが生じてきます。自分から辞めたいと思っていても、必ず、「会社の都合による退職」にしたほうが、失業給付金の開始時期や支給日数など有利となります。また、再就職活動においても、会社都合のほうが何かと便利です。