就業規則について

 会社には、「就業規則」というものが存在しています。会社をリストラされそうになったり、自分から会社を辞めて、他の会社に再就職したいと思ったとき、会社が傾きそうだと思われるときなど、確認しておくべきでしょう。「就業規則」には、賃金や労働時間、勤務条件や服装など細かく定めてあります。退職する場合の書式や用紙についての決まりも詳しく書かれている会社もあります。会社によって、「就業規定」は異なります。10人以上の社員がいる場合は、「就業規則」を作成することが義務付けられていますので、自分の会社では、どのようになっているか確認したければ、人事部や総務部に問い合わせてみると良いでしょう。だいたいは、会社に入社するときに、提示されるようです。
 会社の「就業規則」には、退職に関する事項を記載することも義務付けられています。ですから、納得のいかないリストラを勧告された場合は、会社の「就業規則」を確認してチェックしてみると良いでしょう。労働基準法では、「就業規則で定めた労働条件に反する合意は無効である」としています。「就業規則」は、社員の味方となってくれるでしょう。