有給有給休暇を使おう

 会社に6ヶ月以上勤続していて、前年の8割以上出勤すれば、1年で最低10日は有給休暇が支給されることになっています。有給休暇は、1年ごとに日数が増えていきます。また、年内に消化できなかった有給休暇は、翌年に繰り越されることになっています。有給休暇をとる権利は、労働基準法で定められています。
 しかし、実際の職場では、有給休暇をとる雰囲気ではなかったや、上司に断わられた、有給休暇を使う余裕がないほど忙しかった、などの理由から、有給休暇を消化できずに過ごしているがいます。このような人が今の会社を退職することが決まっているのならば、有給休暇を活用する最大のチャンスです。会社や上司へ、遠慮することなく有給休暇の申請をすることが出来ます。有給休暇を使って、思う存分再就職先を探すための活動をすることも可能です。誰からもとがめられることはありません。だが、残りの有給休暇をすべて使うのであれば、その前に、自分の業務の引継ぎや残務整理、取引先への挨拶など、終わらせておかなければなりません。これは、社会人としての最低限のマナーです。