退職金について

 会社を退職するときは「退職金」がもらえると思っているでしょうか。退職金をもらえるかどうかは、会社の「就業規則」の内容によります。退職金は、会社によって、独自で決められているシステムになりますので、退職金を支払うことにしていなくても、法律違反にはなりません。「社員が退職するときには、退職金を支払わなくてはならない」などという法律はどこにも存在しません。ですから、ボーナスや給料を他の会社に比べて高くしているので、いくら勤続年数が長くても、退職金の支給はありませんという会社もあります。
 就業規則に退職金の支払いが明記されていて、自分がその対象者に当てはまるならば、退職金を受け取ることが出来ます。多くの会社では、退職金の支払いは、退職日から1ヵ月後としています。支払期日も就業規則に明記されていますので、分からないときは、会社に訪ねてみる必要があります。会社が退職金の支払いを行わないようであれば、自分ひとりの力で解決を試みるよりも、ハローワークに相談しに行くほうが賢明です。
 また、退職金には、税金がかかってきます。優遇措置を受けるとたいした税金の額をとられないので、忘れずに手続きを行うことが大切です。