イメージと現実は違う

 再就職先を探すとき、自分の好きな仕事やあこがれている仕事、希望する分野の仕事に対しては、良いイメージを持っています。「結婚後も続けられそうだ」「有名な企業だから安定している」「外資系の企業だから、実力主義だ」「アパレル関係はは女性が活躍できる」などのイメージがあるでしょうか。
しかし、現実はこのようなイメージとは、かけ離れていることが圧倒的に多いです。現実を目の当たりにしたとき、「こんなはずではなかった」と後悔しても遅いのです。イメージばかり選考するようでは、退職再就職を繰り返してしまいます。
 実際に希望する分野があるときは、その分野で働いている人の生の声を聞くことが一番良い方法になります。現実とイメージとは異なることが分かりますし、その現実を受け入れるための準備にもなります。生の声が聞けなくても、情報収集の方法はあります。インタネットや書籍、雑誌などで調べることは出来ます。情報収集を行うことで、現実とイメージのギャップは少なくなるでしょう。理想と現実を埋めることが出来れば、再就職をしても、同じ過ちを繰り返すことなく、スムーズに業務を遂行していくことが出来るでしょう。