パソコンをマスターしよう

 中高年は、一般的に機械に対して、知識が低い人が多く存在します。しかし、今ではどこの会社においてもパソコンが置かれています。再就職に当たっても、パソコンの操作が出来ないようでは、問題です。「自分は若くないから」「機械音痴だから」「家にはパソコンがないから」といって、ごまかしていては、前に進むことは出来ません。若い人はパソコンの能力が高いと思っている人も多くいると思います。しかしながら、本当にすべてのパソコン機能を理解しているようなエキスパートは、若い人の中にもあまり多くはいないのです。エクセルやワードのソフトを使いそれに入力しているだけの人も多く入ます。
 パソコン教室などに通えば、それなりの成果を上げることは出来るでしょう。基礎から学び始めることになりますので、高度な技術を学び終えるまでには、時間もお金も多くかかってしまいます。ですから、できるだけ在職期間中にマスターすることを心がけましょう。在職中であれば、分からないことがおきても、同僚や後輩などパソコンに詳しい人にすぐに聞くことが出来ます。しかもお金がかからないのです。このようなチャンスがあるのは、在職中だけです。パソコンに怖がることなく、マスターしていきましょう。