雇用保険について(就業促進手当)

 失業給付を受けているときに、再就職先が決まれば、「失業給付」は再就職する前日でストップします。しかし、一定の条件をクリアしていれば、雇用保険から「就業促進手当て」をもらうことが出来ます。
 手当ての種類には、「再就職手当」「常用就職手当」「就業手当」があります。
「再就職手当」・・・決められた給付に数が3分の1以上、かつ45日以上残っていて、常用雇用である人が受け取ることが出来ます。
「常用就職手当」・・・再就職手当をもらえるほど給付日数が残っていないが、常用雇用となった人が受け取ることが出来ます。
「就業手当」・・・決められた給付にすうが3分の1以上、かつ45日以上残っていて、常用でない就職の場合(アルバイト・パート・契約社員など)受け取ることが出来ます。
 「再就職手当」「常用就職手当」の該当者で、3分の2以上失業給付日数が残っていたら、(財)高年齢者雇用開発協会から「早期再就職者支援金」がもらえます。ただし、この支援金を受け取れば、「再就職手当」「常用就職手当」は受け取ることが出来ません。これらの支給についての詳細は、ハローワークで確認することが出来ます。