健康保険について

 会社を退職すると、今まで入っていた健康保険は使えなくなりますので、保険証は返さなければなりません。失業後、健康保険の手続きを怠っていると、病気や怪我になり、医療機関へ行き診察を受けたときに、医療費の全額負担をしなければならなくなります。すぐに、再就職先が決まっている場合は、新しい勤務策が、手続きを行ってくれますが、再就職先のめどが立っていない場合は、速やかに健康保険の手続きを行い新たな健康保険に入りなおす必要があります。
 健康保険の種類には、「健康保険」と「国民健康保険」の2つがあります。
「健康保険」・・・会社のサラリーマンが加入します。保険料は、会社とその従業員が折半して負担します。
「国民健康保険」・・・誰でも加入することが出来ます。加入している本人が、全額保険料を納めることになります。
 健康保険は、退職者の経済状況や家族構成によって、入れるものとは入れないものとがあります。自分に最適なものを検討しなければなりません。再就職を希望している退職者のほとんどが利用するものに「任意継続被保険者制度」があります。これは、全額自己負担になりますが、在職中に加入していた健康保険に引き続き加入できる制度です。