公的補助制度について

再就職活動がうまく軌道に乗らない場合、一旦、就職活動を休んで、就職において有利となる能力や技術を高めるための勉強をすることも、今後の長い人生を考えるとプラスになるのではないでしょうか。
 公的補助制度を利用すれば、しかくや技能の習得に対して、20万円まで国が補助をしてくれます。それが、「教育訓練給付制度」です。この背戸は、「働く人の主体的な能力開発への取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ること」を目的に作られた制度になります。この制度を利用するためには、受給資格に適さなければなりません。在職者の場合は、指定された受講開始日において、雇用保険に通算5年以上加入していることが条件となります。退職者の場合は、在職者の条件を満たし、さらに、資格喪失日から受講開始日まで1年以内であることが条件となります。
 構成労働大臣の指定する教育訓練を受講し、終了すれば、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の40%(雇用保険加入期間が5年以上の場合)20%(雇用保険加入期間が3年以上の場合)がハローワークから支給されます。