円満退職について

 さまざまな理由で、会社を辞めることになったとき、ここから再就職への第一歩がスタートします。スタートを切るのにふさわしいように、会社を退職するときは、「円満に退職」したいものです。会社を退職し、再就職先を見つけ、新しい職場へ勤務している人の多くは、今までの仕事に関連した分野の業務内容を選んで働いています。まったく別の分野に就職した人もいるかもしれませんが、今後、仕事上での関わりを持つことが生じてくるかもしれません。企業は、経営統合が盛んに行われていますので、まったく別の分野だからありえないということはないのです。何が起こるかわかりません。このような場合でも、円満退職をしていれば、上司や同僚といつまでもつながりを持っていることが出来ますし、新しい再就職先でも、「円満退職で会社を辞めた」ことは、採用面接でも聞かれることになりますので、面接官に対しても、印象が良いでしょう。
 「どうせ辞めるのだから」という態度をとることなく、今までお世話になった会社や上司に対して、最後まで、謙虚な態度で接し、円満に退職の日を迎えることが大切です。