退職の意思を伝える

 会社を辞めたいと考えたとき、「辞表」を提出するよりも先ずはじめに、上司に相談します。自分の直属の上司に「お話があるのですが」という感じで、相談をもと掛けます。このとき、業務時間内は避けましょう。仕事に支障がない時間帯に行います。上司に、自分がどうして退職を望んでいるかを話さなければなりません。詳しい内容を聴かれることになりますが、「給料が安いから」や「○○さんが嫌いだから」などというような理由は絶対にやめましょう。たとえその理由が本当に退職するための理由だったとしても、上司や会社側に伝わってもいいような退職理由を用意しておく必要があります。本当の理由を話すことで、トラブルになるのを防ぐためでもあります。会社の不満を並べ立てると、円満退職は出来ないでしょう。結果として、再就職活動にも支障をきたしてしまいます。「独立を望んでいるから」「家業を手伝いたいから」「キャリアアップをしていきたいから」などは、個人的理由になりますので、会社としても納得してくれるでしょう。
 上司や会社側との合意が取れたら、退職することが出来ます。退職が決まったら、「辞表」を提出します。「辞表」は円満退職を強調するためにも「退職願」と書きます。