「退職願」の書き方

 会社を辞めるにあたって、上司や会社との話し合いが付き、退職の日にちの調整が終わったら、次は「退職願」を提出することになります。民法上では、辞表を提出するのは、「会社を辞める2週間前でよい」とされています。しかし、2週間前ですと、会社の都合や退職前にしておかなければならないことも多くありますので、最低でも2ヶ月前には提出したほうが良いでしょう。
 「退職願」は、白い無地の縦書きの便箋に黒いインクの万年筆や筆で手書きにより書いていきます。退職理由は何であれ、「一身上の都合により」とするのが一般的です。自分の所属していた部署名と氏名を書いたら、使命のしたには必ず捺印をします。便箋を書き終えたら、白い封筒に入れて、提出します。封筒の表面の真ん中にも「退職願」と書きます。
 「退職願」の宛名が社長宛だからといって、社長に渡すことはしません。すべて作成できたら、上司に渡しますこのとき上司が不在だからといって、机の上におくようなことをしてはいけません。同僚や後輩に預けることも絶対に行ってはいけないことです。必ず手渡しをします。