退職日に返却するもの

 会社から貸与されたものや、会社に所有権のあるものは、会社を退職することになれば、返さなくてはなりません。制服などを貰い受けている場合は、返す必要はありませんが、貸与されている場合は、きれいな状態で返すように心がけましょう。制服や作業服などを貸与されている場合は、クリーニングをして、返すことがマナーです。また、今までの業務に関する書類やデータなども、会社に返還します。また、自分が使っていた机やロッカーも、きれいにしましょう。自分が今まで使っていたものは、次の人が使うことになります。次の人が気持ちよく使えるためにも、汚れたままの状態ではなく、きれいに掃除をしてから返すことが大切です。これが、良識ある社会人としての最低限のマナーです。
 退職までに、会社から受け取るべきものもあります。「源泉徴収票」「離職票」「雇用保険被保険者証」「年金手帳」など、退職後の手続きに必要なものが退職までに会社から渡されることになります。雇用保険の給付を受けるのに必要であったり、再就職先で必要になります。どれも無くせば、困ることになりますので、大切に保管する必要があります。