面接での服装について

 第一印象は、とても大切です。再就職を希望している会社へ面接に行くことになった場合、採用面接で初めて合った人から、良い印象をもたれるためには、どのような服装を心がけると良いでしょう。面接では、「見た目」がとても重要なポイントです。見た目が悪ければ、どんなに高い能力を持っていても、採用されることはないでしょう。社会人としてふさわしい格好で、清潔感があふれて入ることが大切です。
 具体的には、男女とも面接での服装の基本は、スーツです。新卒者ではないので、リクルートスーツで面接に行く必要はありません。自分に似合っていて、カジュアルすぎないスーツが好ましいようです。アパレル関係や美容関係など、ファッション関係の分野へ再就職を希望している場合は、特にリクルートスーツを着用しないほうがいいようです。ファッション関係の分野の採用面接の場合は、平凡な黒いスーツよりも、センスのよさが感じられるスーツを着用しているほうが印象が良いようです。
 服装だけでなく、身だしなみにも気を配る必要があります。個性を大事にするからといって、派手すぎるのもいけません。化粧、バックなどの持ち物、ネクタイなど、華美になることを避けましょう。