面接での言葉使いについて

 再就職を希望している会社の面接を受ける時、面接官との言葉のやり取りを行いますが、挨拶の仕方、言葉の使い方、声の大きさは、とても厳しくチェックされます。採用する側も、会社の利益となるような優秀な人材を欲しいと思っています。会社に合わない人間は、たとえ優秀でも採用したいと思わないのです。ですから、厳しくいろいろなことを見てチェックしています。求職者側も、求職意欲を示すように、大きな声で、挨拶し、気持ちをこめて受け答えすることが大切です。また、人として挨拶は基本です。面接官に対してだけでなく、会社の受付でも、きちんとした挨拶をしましょう。気持ちをこめて話すことで、相手に好印象を与えることが出来るのです。
 敬語の使い方も、厳しくチェックされています。敬語は、社会に出て働く場合基本となります。間違った使い方をしていると、非常識な人間として捉えられてしまいます。非常識な人間にならないためにも、正しい敬語の使い方をマスターしておく必要があります。
 よく使う敬語
      (尊敬語)   (謙譲語)      (丁寧語)      
◎会う→お会いになる→お目にかかる   →会います

◎言う→おっしゃる  →申す、申し上げる→言います、申します

◎行く→いらっしゃる →参る、伺う、あがる→行きます、参ります
     おいでになる