面接での注意点について

 再就職で、面接を受けるとき面接官の目を見て受け答えをしましょう。これは基本ですが、なかなかできる人が少ないのです。はじめから終わりまで、ずっと相手の目から視線をはずさないというのも、失礼ですが、うつむいたり、視線をはずして受け答えすることは、もっと失礼です。相手の目を見て、自信を持って受け答えをしましょう。質問の意味が分からなかったり、質問が聞こえなかった場合は、適当に答えれしまうよりも、「恐れ入りますが、もう一度お願いします」と素直に聞くことが大切です。素直さ、謙虚さ、誠実さ、なども面接官はチェックしています。質問されたことと、見当違いの答えを返していては、面接官から好感をもたれることはありません。
 面接では、大柄で尊大な態度は嫌われます。緊張するのは分かりますが、必要以上におどおどと落ち着きがないのも、考え物です。再就職をしたいという気持ちが強くなりすぎて、聞かれていないことを長々と話し足り、自分の能力や知識がいかに高いかをひけらかすことも、問題です。それを見た面接官は、嫌気がさしてしまうでしょう。面接において、謙虚であることは大切なことです。