面接で退職理由をきかれたら

再就職での面接の際、面接官は「前職をどうしてやめたのか」「退職理由は何か」「会社に対して不満があったのか」などと、いろいろ聞いてきます。面接官が前職に関していろいろ聞いてくるのには、訳があるのです。採用した人に、入社した途端にやめられては、会社としても困ってしまいます。ですから、前の会社をどうして退職したのかが、気になるのです。面接官は、その人物が会社と相性がいいか、すぐにやめたりしないか、他の社員とうまくやっていけるかなど、見極める必要がありますので、多くの質問をしてきます。求職者は、面接官が納得する答えを準備しておくことが大切です。
 会社を辞める理由には、会社都合で辞める場合と、自己都合で辞める場合があります。会社都合での退職の場合は、正直に話せばよいでしょう。しかし、自己都合での退職の場合は、正直に話す必要はありません。退職理由を前に会社のせいにしたり、不透明な理由も悪い印象を与えます。前の会社どんな理由で辞めたにしても、自分の将来や目標をアピールし、前向きな退職理由を答えるようにしましょう。そうすれば、新しい再就職先に採用されることにつながっていくでしょう。