再就職探し@

 自己都合によって、会社を辞める場合は、「在職中に仕事を見つける方法」と、「退職してから仕事を見すける方法」の2つの方法があります。会社都合で、やめる場合は、後者の方法しか当てはまりませんが、今の会社に在職しているうちに、再就職活動を行うことが出来るのであれば、現職をやめた後の経済面での心配が要らないので、安心です。在職中に決められなかったとしても、失業給付金が支給されているうちに新しい職を決めればいいと思ってはいないでしょうか。のんびりと構えていると、日数は、あっという間に過ぎてしまいます。だからといって、焦って自分の希望するものよりもかけ離れた職に就くのも問題です。失業給付金が支給される期間は決まっています。その期間を過ぎれば、収入はゼロです。在職中ですと、次の職を早く決めたいと焦ることなく、じっくりと再就職探しを行なえます。ですから、在職中に、次の職を探すほうがお勧めです。
 しかし、在職中の再就職探しもたやすいものではありません。現在の勤務先に知られることなく、職探しを行わなければなりませんので、大変神経を使います。
 希望する分野の仕事が決まっているのならば、退職後に就職活動をするのもいいかもしれません。必要とあらば、学校にも通うことが出来ますし、再就職探しにすべてのパワーを注入することが出来るからです。