求人広告について

 再就職先を見つける手段の一つに、新聞や求人雑誌に掲載されている求人があります。もっとも手軽に情報収集をすることが出来ますし、さまざまな分野の企業の情報量が多くあります。ただし、求人広告や求人雑誌には、掲載するスペースが限られていますので、その会社の都合のいいような部分だけ掲載している場合や、読む人に誤解を与える書き方になっている場合があります。求職者は、書かれている内容を理解せず、鵜呑みにしてしまっては、後で後悔することになってしまいます。求人広告をざっと目を通しただけで、応募をし、たまたま合格したとします。入社した後で、「こんなはずではなかった」「掲載されている内容と違う」ということになりかねません。
 求人広告の内容で分からないことがあった場合には、そのままにしておくのではなく、電話などでその企業に問い合わせてみましょう。また、新聞広告に掲載されているような求人情報は、その情報量が少ないですが、どの求人情報も記載している情報は同じです。「仕事内容」「勤務地」「勤務時間」「給与」「休日」「応募方法」などが記載されています。広告をじっくり読み比べ、自分の希望に合う会社を見つけることが大切です。