求人広告の見方@

 求人広告の中身には注意しなければならない場合があります。基本的に、求人を出している企業の都合で作られていることが多いからです。再就職を成功させるためには、一般的な求人広告の見方のポイントを知っておくことが大切です。
1.職種−求職者は職種を見て自分の希望する再就職先を探しますので、職種は大きな字で書いてあることが多くなっています。最近は、横文字の職業がカッコイイとされていますので、「○○アドバイザー」「○○プランナー」などという職業が氾濫しています。具体的な業務内容が分からない場合は、直接問い合わせればよいでしょう。
2.応募資格−年齢、学歴、職務経験、必要な資格などの応募資格が記載されています。応募資格に当てはまらなくても、採用試験を受けさせてくれる企業もありますので、希望する企業があれば、問い合わせてみればよいでしょう。
3.勤務地−勤務地の記載がない場合は、会社の所在地が勤務地と考えます。本社以外に数箇所、支店や営業所の記載がある場合は、どの勤務地に配属されるのかを企業に確認することが必要になってきます。また、将来転勤の可能性があるのかも尋ねておいたほうが良いと思われます。