シルバー人材センターとは

 シルバー人材センターの名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。一般の会社に頼むよりも安価に済ますことが出来ますので、結婚式の招待状の宛名書きであったり、庭の植木の剪定を依頼したことがある人もいるのではないでしょうか。シルバー人材センターは、高齢者が働くことを通じて、追加収入を得るとともに、健康を維持し、生きがいを持ち、地域社会に貢献するというような「自主・協働・共助」を基本理念として考えています。
 シルバー人材センターは、地域社会との連携を目指すために、「高年齢者の雇用の安定に関する法律」により開設されました。地域社会との交流を図り、貢献を目指している公共性の高い社団法人として位置づけられています。
 定年退職者により、その職から退いたが、まだまだ働く意欲の強い人や、専門的能力を役立てたいと考えている人は、再就職としてシルバー人材センターも一つの手段となります。シルバー人材センターに登録することで、会員となることが出来ます。会員になることによって短期的な雇用であったり、臨時的な仕事を行うことが出来ます。原則として、60歳以上の高齢者が対象となっています。