入社2〜3年目の場合

 再就職を希望する企業の業務内容が前職とは関連がない場合、応募することに躊躇してしまうでしょう。しかし、2〜3年でも社会人として会社に勤務していたのですから、実務経験はあります。社会人経験があれば、社会人としての基礎知識は習得しているものと考えられますから、応募書類の書き方は、大きな判断材料となるのです。ですから、志望職種について研究をし、応募書類を記入することが大切です。採用担当者は、前職の能力をいかせる仕事は他にもあるのに、なぜこの分野の仕事を希望するのか、などと考えています。他分野への再就職は、明確な理由が必要です。
 いままでの実務経験を生かし、再就職を希望する場合は、前職での経験が有利に働きます。しかし、2〜3年の実務経験では、ベテランに太刀打ちできる能力は備わっていません。会社にいち早くなじんで、戦力となっていくことを期待しての採用となりますので、「柔軟性」と「可能性」が採用や側は求めています。採用者はこのような観点で、応募書類を見ていますので、求職者側は、頭に入れて応募書類を作成することが大切になってきます。