パートタイム労働の働き方についてA

 パートタイム労働を再就職として考えたときに、どのようにして求人情報を探せばよいでしょうか。新聞の求人欄、折り込みチラシ、求人情報誌、ハローワークなど、さまざまな方法があります。パートタイム労働に従事している人の多くは、新聞や折り込みチラシの求人広告を見て、応募したようです。また、意外に多いのが、「紹介」によるものだそうです。ご近所さんや友人が行っている仕事を自分もしてきたいと思ったときに、その旨を伝えることにより、「紹介」をしてもらいパートタイム労働に従事することが出来るのです。雇用者側も、人手が欲しいと思えば、求人を出すことになりますが、求人を出すことはお金がかかってきます。小さな企業にとっては、それだけで痛手でとなってきます。従業員の紹介ですと身元もしっかりしていますし、信用が置けますので、企業にとっても安心感が生まれます。
 パートタイム労働は女性にだけに限った働き方ではありません。定年退職のため職から退いたが、まだ働く意欲のある人が短時間なら働きたいということで、パートタイム労働を再就職に選ぶケースもあります。ですから、業務内容や分野も多種多様です。