パートタイム労働の就業規則について

 労働基準法によると、パートタイム労働などを含めて、10人以上の会社では就業規則を作成することが義務付けられています。パートタイム用の就業規則がないと、j従業員の就業規則が適用されることになります。正社員の場合、退職時に退職金を支払うようにしている企業があります。、パートタイム労働の就業規則がないと、正社員の就業規則通りに、退職金を支払うことになるかもしれないので、多くの会社では、パートタイム労働の就業規則を設けてあります。
 しかし、パートタイム労働でも、正社員と変わらない労働を行っている人の場合は、区別がはっきりとしていないことがあるようです。パートタイム労働でも、一定の条件を満たせば、社会保険に加入することが出来ます。また、正社員と同じように有給休暇を取得することが出来ますし、労災保険も適用の対象となっている人もいます。パートタイム労働をしている人でも、正社員と変わらない待遇を受けるためには、正社員に負けないくらいの能力が必要ですし、業務に対する責任も大きくなります。正社員として働きたいから再就職先を探そうと考えていると人で適職が見つからない場合は、このようなパートタイム労働から入って、自分のスキルを磨くことも一つの方法です。