アルバイトやパートでも失業給付金がもらえる

 再就職を希望する人で正社員の職が見つからない場合、パートやアルバイトなどを始める人もいるでしょう。アルバイトやパートタイマー、契約社員、派遣社員でも雇用保険の被保険者の場合があります。雇用保険が適用される場合には基準があります。その基準となる条件をクリアすることで、雇用保険が適用されます。
登録型派遣社員の場合・・・@一つの派遣先の企業に1年以上継続して雇用されることが見込まれるとき、A一つの派遣先での雇用が1年未満でも、次の派遣先での雇用のスパンが短く、その状態が1円以上続く見込みがあるとき、B1週間の所定労働時間が20時間以上の場合
パートアルバイトの場合・・・@1年以上継続して雇用されることが見込まれる場合A1週間の所定労働時間が20時間以上の場合
 雇用保険は、会社に勤務している正社員だけが受けられるものではありません。アルバイトやパートタイマーでも雇用保険に加入している場合があります。自分の働き方が、このような勤務状況の場合は、雇用保険の加入資格があるかどうか確認することをお勧めします。しかし、いくら加入資格があったとしても、事業主が雇用保険に加入していなければ失業給付を受けることは出来ません。