確定申告をしよう

 会社を辞めた年の内に再就職をしなかった人は、自分で確定申告をします。会社に勤務しているときは、会社がすべて行ってくれていました。しかし、会社を辞めると代わりに行ってくれる人はいません。自分で確定申告をしなければ、払いすぎた税金が帰ってくることはないのです。給料から所得税は天引きされています。その額は、1年間の収入を見越して徴収されていますので、会社を辞めた人はその年の所得税を払いすぎているのです。会社を辞めた人は、「還付金」を取り戻すために手続きを行うのです。再就職をした時期によって手続きの方法は異なります。
「会社を退職した年内に再就職をした人」・・・退職した会社から源泉徴収票と控除証明書を受け取ります。それらを再就職先の会社に提出することで、再就職先の会社が年末調整をしてくれます。
「退職した年内に再就職しなかった人」・・・自分の居住地域を管轄する税務署で確定申告を行います。確定申告は、毎年2がつ16にちから3月15にちに受け付けています。退職した会社から受け取った源泉徴収票と控除証明書を持参して行います。