情報収集をしよう

 自分が再就職を希望している会社の情報は出来る限りの情報を収集しましょう。失業期間が長引くとつい「どこでもいいから就職したい」と考えてしまいがちです。これでは悪い転職を繰り返してしまうので、自分がどこまでなら妥協できるかを考えて、再就職先の企業を選んでいきます。求職者は、自分入はこのような知識や能力があるのだから、このようなしごとを希望するのだと考えて、企業を選んでいくことが大切です。再就職を希望した企業に応募書類を提出し、面接に挑む場合は、できる限りの情報を集めます。
 中途採用の場合は、応募から面接までの時間がとても短いのが普通です。求人情報誌で希望する会社が見つかって、その企業に電話をしたとします。その企業からは、「明日応募書類を持参して会社に来てください。」と言われるかもしれません。期間が短くても、その企業について調べられることは出来る限り行います。どうしても調べられなかったことや、不明な点は、企業での面接の際に直接たずねます。面接で仕事内容を確認し、長く続けて生きたいと思うならば、きちんと把握しておくことが肝心です。